IPO(新規公開株)とは?

IPO(新規公開株)とは、株式市場に新たに上場する銘柄の株のことで、
簡単に言えば株式市場で新発売される銘柄の株がIPO(新規公開株)です。

IPO株は上場前に証券会社で申込みの募集(ブックビルディング)があり、
そこに申込むことで買うことができますが、ほとんどの場合は申込み後に抽選となり、当選しなければ買うことができません。

IPO株が人気になる理由

IPO株がなぜそんなに人気があるかと言うと、IPO株はブックビルディングでの価格より、上場時に高い値をつけやすいからです。

IPO株の値段はは公募価格という上場前の募集価格で決まりますが、 この値段は実際の企業価値より低めに設定されるケースが多いです。

そのため実際に株式市場で取引が始まると、 公募価格より高い値段で取引がスタートする確率が高くなっています。

このような背景から「IPO株を公募価格で買えば上場時に株価が上昇する可能性高い」ため人気となっています。

IPO株の初値売りとは?

IPO株の初値売りとは、ブックビルディングで購入したIPO株を、上場時の取引開始と同時に売ってしまう方法です。

方法はとてもシンプルで、上場日の取引きが始まる前までに成行注文を出すだけです。

これにより取引開始とともに注文が約定し、IPO株を初値で売却することができます。

なぜ初値で売ってしまうかと言うと、IPO株の株価は上場後に乱高下することが多く、売り時が難しくなってしまうからです。

そのため、公募価格より高い値段がつきやすい初値で売り、ローリスクで利益を得られる初値売りという投資方法あるのです。

IPO株はどこで買えるのか?

IPO株は通常いくつかの証券会社に振り分けて売り出すので、そのIPO株を取り扱っている証券会社でなければ買うことができません。

証券会社に口座を持っていても、その証券会社で取り扱っていないIPO株を買うことはできないのです。

IPO株を購入するまでの流れ

証券会社が行うブックビルディングに参加して、抽選に当選したら購入するという方法が一般的です。

申込みから購入までの一般的な流れは以下のようになります。

1.仮条件の価格決定
まず申込みの受付けが始まる前に「●円から●円の範囲で募集します」
というように申込み価格の仮条件が決まります。

2.申込み
ブックビルディング期間内に、買いたい株数を希望価格を指定して申込みます。
申込むときの価格は仮条件の範囲内で自由に指定できますが、公募価格は仮条件の上限額で決まることが多いため、一番高い値段を指定しましょう。

3.公募価格決定・抽選
申込み期間終了後に公募価格が発表され、抽選に当選すれば購入の権利が得られます。

4.購入申込み
購入申込み期間内に手続きをしてIPO株を購入します。

5.上場日
この日から株の売買が行えるようになります。

IPO株を買うためのコツ

IPO株は申込みを行って当選しなければ買えません。そこで、IPO株を効率よく買うためのコツを紹介します。

1.IPO取扱い数が多い証券会社で口座を作っておく

IPO株の取扱い数は証券会社によって差があるため、IPO取扱い数が多い証券会社で口座を作っておきましょう。

IPOの取扱いが少ない証券会社では申し込める回数自体が減ってしまいます。

2.主幹事を務める証券会社で申し込む

取扱い数の次に重要になるのが「IPO株の割り当て株数(取扱い株数)」です。

IPO株は主幹事を務める証券会社と、引受証券会社(幹事)にそれぞれ振り分けられます。 このときの割合は主幹事が圧倒的に多く、残りを引受証券会社で分け合うかたちになります。

取扱う株数が多いということは当選本数が多いということなので、
主幹事を務める証券会社に申込むと当選確率が高くなると考えられます。

3.抽選配分の割合が大きいネット証券で申込む

証券会社に割り当てられたIPO株はすべて抽選によって販売されるのではなく、裁量配分と抽選配分に振り分けて販売されます。

■裁量配分
大口投資家などの優良顧客を対象に、証券会社の担当者が顧客に直接販売する方法です。
この方法でIPO株を手に入れるには、普段からその証券会社の担当者と付き合いがあり、口座に一定額以上の資金を入れている必要があります。

■抽選配分
一般投資家を対象に募集を行い、抽選で当選した人に販売する方法です。
投資資金が限られていて、証券会社の担当者と付き合いがない方はこちらの方法で買うことになります。

裁量配分と抽選配分の割合は証券会社ごとに異なりますが、
店舗型大手証券の場合、割り当て株数の90%程度が裁量配分に割り当てられます。
さらに口座を持っている人も多いので抽選での競争率は高くなりがちです。

その結果、IPO株を抽選で申込むなら抽選配分の多いネット証券が有利になると考えられます。