個人型確定拠出年金(iDeCo)

 

 

iDeCo(イデコ)とは、20歳から60歳未満の方ならほぼすべての人が加入できるようになった個人型確定拠出年金です。

iDeCo(イデコ)のポイント

 

  1. 月々の掛金は5,000円から
  2. 積立金は全額所得控除になる
  3. 運用で得た利益が非課税になる

 

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)の仕組み

月々の掛金を積み立てし、投資信託や定期預金で長期運用することで、60歳以降に年金や一時金として受け取ることが出来る仕組みです。

 

毎月に積み立てる金額や、どの金融商品で運用していくのかなどは全て自分で決めることが出来ます。

月々の掛け金は5,000円からで、1,000円単位で追加できるほか、掛金を年に1回変更することも可能です。

 

 

個人型確定拠出年金iDeCoのメリットは?

 

iDeCoの最大のメリットは2つの節税効果です。

 

メリット1:積立金は全額所得控除になる

1つ目は積立金の全額が「全額所得控除」の対象になります。

 

iDeCoの掛金は全額が控除になります。

仮に年間で276,000円(月23,000円)を支払ったとしたら、276,000円が課税所得から減り、それに応じて所得税・住民税が減ります

 

課税所得が300万円の場合、所得税・住民税はそれぞれ10%なので、所得税27,600円、住民税27,600円で合計55,200円の節税になります。

 

iDeCoは積立金が全額所得控除の対象

 

メリット2:iDeCoの運用益は非課税になる

2つ目は運用によって得た利益が非課税になることです。

 

通常、証券口座での取引では利益に対して約2割が税金で引かれてしまいます。

 

ですが、iDeCoでは売買で得た利益は非課税なので、そのまま利益にすることができます。

 

iDeCoは売買で得た利益は非課税

 

非課税という意味ではNISAも同じですが、

NISAの場合には年間の運用額と運用期間が決まっているため、長期的に運用して殖やすことを考えた場合にはあまり適してはいません。

 

個人型確定拠出年金iDeCoのデメリットは?

iDeCoは、60歳になるまで引き出すことができません。

 

また、加入者期間が10年に満たない場合は、支給開始年齢が遅れます。

その他、加入する金融機関によっては口座管理費用や手数料などの運用コストが掛かります。

 

iDeCoは金融機関選びが大切

節税効果は高いけれど、iDeCoで積み立てをするためにはいくつかの手数料がかかります。

 

まず最初に掛かるのが加入時の手数料2,777円。

これは初回のみ発生する費用で、どの金融機関でiDeCoをはじめてもほぼ同額となっています。

 

上記とは別に毎月掛かる費用として、国民年金基金連合会・信託銀行・運営管理機関の3つに対しての手数料がかかります。

 

このうち、運営管理機関に支払う手数料は金融機関によって異なるため、できるだけ手数料が少ない金融機関が有利になります。

 

名目(支払先)課金のタイミング金額
初期費用
(国民年金基金連合会)
口座開設時2,777円
収納手数料
(国民年金基金連合会)
月額103円
事務委託手数料
(信託銀行)
月額64円
口座管理料
(証券会社、銀行、保険会社など)
月額金融機関によって異なる

 

口座管理料が無料!iDeCoにおすすめの証券会社

口座管理料が無料で、サポート体制が充実しているiDeCoにおすすめの証券会社は以下の2つです。

 SBI証券マネックス証券
商品数セレクトプラン:37種類

オリジナルプラン:67種類
→2023年までに35種類に絞られる
25種類
サポート・電話
・メール
・電話
・iDeCo専用のロボアドバイザー
人気商品・ひふみ年金
・ジェイリバイブ
・ジェイリバイブ
・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
サイトURLhttps://www.sbisec.co.jp/https://www.monex.co.jp/

 

iDeCoで運用できるオススメのファンド

iDeCoで人気の初心者にもおすすめのファンドを紹介します。

 

ひふみ年金

「守りながら増やす」という運用方針や、TOPIX(配当込み)を大幅に上回る運用実績で人気の「ひふみプラス」。その確定拠出年金用の投資信託が「ひふみ年金」です。

投資方針や投資銘柄は「ひふみプラス」と全く同じですが、運用コストが低く設定されており、より長期運用向きになっています。

また、株価が割高水準にある時に下落リスクを低減するために現金比率を高めるという運用方針が特徴的です。

ひふみ年金でiDeCoを運用する【SBI証券】

 

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ〈DC年金〉

SBIアセットマネジメントが運用する、国内株式の中小型株で構成されているアクティブファンドです。

国内株式市場の全銘柄の中から、割安かつ財務安定性に優れた銘柄に投資を行っており、過去10年間でも高いリターンを出しています。

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ〈DC年金〉でiDeCoを運用する【SBI証券】

 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

日本を除いた先進国(米、欧、豪など)に投資する投資信託です。

この投資信託では、MSCIコクサイ インデックスという株価指数に沿った運用を目指しますが、中心はアメリカの株式となります。

先進国経済は、新興国経済と比較して成熟しているので、急速な成長は期待しにくい反面、政治が安定している国が多く手堅い運用成績が期待できます。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスでiDeCoを運用する【マネックス証券】