つみたてNISA(積立NISA)とは?

2018年から新たに始まったつみたてNISA(積立NISA)。

名前に「積立」と入っているように、
投資商品を積立タイプに限定した非課税制度です。

運用益が非課税になる点は従来からあるNISAと同じですが、年間で投資できる金額や、運用できる期間が異なります。
 

NISAに比べて非課税枠が少ないつみたてNISA

 
まず、一年間に投資できる金額の上限(非課税枠)はNISAが120万円までなのに対し、つみたてNISAは40万円までとなっています。
 
この金額の範囲内の投資であれば、いくら利益が出ても税金が掛からないのは同じですが、NISAに比べると投資できる金額が3分の1に減る計算です。
 
投資できる金額が少なくなるということは、得られるリターン(利益)も少なくなるため、非課税枠だけを比べると従来からあるNISAの方が魅力的に見えます。
 
 

投資対象は金融庁の基準をクリアした投資信託のみ

 
NISAの投資対象が株・投資信託・不動産投資信託など幅広い選択肢があるのに対し、つみたてNISAの投資対象は投資信託のみ。
 
しかも、金融庁の基準をクリアした商品に限定されているため、通常のNISAに比べるてかなり選択肢が少なくなります。
 
株の売買を中心に投資している方や、投資経験を積んだ方なら自由に投資先を選べるNISAにメリットがありますが、
 
株や投資に慣れていない人なら選択肢の少ないつみたてNISAがおすすめ。
 
「投資に興味はあるけど、何に投資すればいいか分からない」という初心者の方でも、投資商品が限定されているので選びやすくなります。
 
 

NISAより長く運用できるつみたてNISA

 
NISAとの大きな違いが運用可能な期間です。
 
NISAの運用期間が最長5年に設定されているのに対し、つみたてNISAの運用期間は最長20年となっています。
 
「最長20年」と言っても運用できる期限が2037年までと決まっているため、20年運用するためには、2018年からスタートする必要があります。
 
つまり、最初から期限が決まっているため、スタートが遅れると運用期間も短くなってしまうということ。
 
なので運用期間をフル活用するなら、少しでも早くはじめた方がいいということです。
 

 NISAつみたてNISA
利用対象者日本国内に住む20歳以上の人日本国内に住む20歳以上の人
一年間の非課税枠120万円 40万円
非課税期間最長5年最長20年
投資対象商品株式、ETF、REIT、投資信託など
金融庁の基準を満たす投資信託・ETFのみ

 

積立てたお金はいつでも引き出し可能

 
「積立ては途中で引き出せないから…」と思っていませんか?
 
「つみたてNISA」は面倒な手続き不要で途中解約でき、いつでも資金を引き出すことが可能です。
 
例えば個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)のように、「60歳になるまで引き出せない」というような縛りは一切ないので気軽に始めることができます。
 

つみたてNISAのメリット

 

  1. 投資信託の運用益が非課税に!
  2. 投資先は金融庁の基準をクリアした投資信託のみ
  3. 運用期間は最長20年間(通常のNISAは5年)
  4. 積立てたお金はいつでも引き出し可能

 

つみたてNISAのデメリット

 

つみたてNISAのデメリットとしては、
NISAとつみたてNISAを同時に選べない点が挙げられます。
 
選択のタイミングは年単位で、どちらか一方しか選べません。
 
既にNISAで運用されている方が翌年以降つみたてNISAを選ぶには、
 

  1. NISAで運用している資産を売却
  2. NISAの資産を特定口座に移す
  3. NISAの資産はそのままで翌年つみたてNISAを選ぶ

 
のどれかを行うことになります。
 
注意したいのが「既にNISAで運用中の資産は持ったままでもOK」ということ。
 
例えば2018年にNISAで購入した資産は、翌年つみたてNISAを選択してもそのまま保有可能で、非課税期間(5年間)も有効。
 
同年度内に「NISA」と「つみたてNISA」による新規買付ができないだけで、運用中の資産を売却する必要はありません。