決算書の見方・読み方


決算書とは?

決算書とは、企業の一定期間の経営成績や財務状況をまとめた資料で『財務諸表』とも呼ばれます。

すべての企業で年に1回は必ず作るように定められていて、
上場企業の場合、大きな決算が年2回(本決算・中間決算)、本決算と中間決算の間に四半期決算という決算が2回あり、3ヶ月ごとに決算書を作成しています。

決算書は複数の書類から構成されていますが、
その中でも中心となるものが貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書の3つです。

この3つの決算書類を読みこなすことで、より正確に企業を選別することが出来るようになります。
決算書の内容は各企業のホームページにあるIR情報のページや、会社四季報などのデータブックで数字を確認することができます。

貸借対照表

貸借対照表は企業の財政状況を表すもので、資産の部・負債の部・資本の部と3つの部門から構成されています。

実際はもっと数字が並んでいますが、資産=負債+資本という関係になっていて、左右の合計は必ず一致します。

貸借対照表

[資産の部]
どういう種類の資産が、それぞれどのくらいあるかが記載されています。

[負債の部]
資産を形成するにあたり、どうやってお金を集めたかが記載されています。

[資本の部]
自己資本。つまり企業の資本金や利益などの経営の元手となるお金です。

貸借対照表を見る上で、重要なポイントとされるのが『自己資本比率』です。

簡単にいえば資産に対する自己資本(資本の部の合計)の割合のことで、自己資産比率が高いほど借金の割合が少なく、安定性の高い企業だと考えられます。

損益計算書

損益計算書は『1年間でどれだけの利益か残ったのか』を表すものです。売上高から費用を差し引いて、企業の利益を5段階に分けて計算します。

損益計算書

[営業利益]
売上高から原価(仕入れ代金・原材料費など)、販売費、一般管理費などを引いたもの。その企業が本業から得たもっとも基本的な利益。

[経常利益]
営業利益から本業以外の収益(預金の利息など)を加算、損失を差し引いたもの。

[税引き前当期利益]
経常利益から不動産売買などの一時的な収益を加算、損失を差し引いたもの。

[当期純利益]
税引き前当期利益から税金を差し引いたもの。

[当期未処分利益]
当期純利益から株主に支払った配当金を差し引いたもの。

損益計算書を見ることで、その企業が何で利益を上げているのか、損失の原因は何かが見えてきます。また同業他社と比較することで、業績や成長率を分析しやすくなります。

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書は、お金の流れを表すもので、資金の活用状況や資金繰りなどを見るために使われます。

営業活動・投資活動・財務活動と大きく分けて3つの部門から構成されています。

[営業活動]
企業本来の事業活動によるお金の収支。本業でどれだけ資金を獲得したかが分かります。ここがマイナスの場合、本業自体は赤字という事になります。

[投資活動]
設備投資をはじめ、土地・建物や株式・債券の売買などの投資による収支。将来に向けて積極的に投資をしているか、過剰な投資を行っていないかが分かります。投資を行えばマイナス、売却して資金を得た場合はプラスになります。

[財務活動]
金融機関からの借入れや返済など、資金の調達・返済による収支。営業活動・投資活動による資金が不足した場合に、どんな方法で資金調達したかが分かります。資金を調達すればプラス、返済した場合はマイナスとなります。

キャッシュフロー計算書を見る場合、各部門の数値がプラスかマイナスかを見ることにより、おおよその企業の状況を把握することができます。

キャッシュフロー計算書

[良い例]
本業でしっかりとキャッシュを稼ぎ、それを投資に向け、過不足を借入金等で調整できていると推測できます。

[悪い例]
本業でキャッシュを稼ぐことができずに、資産の切り売りや金融機関等からの借入でその場をしのいでいることが推測されます。

上記はあくまで簡単な例ですが、キャッシュフロー計算書を見ることで、企業のお金の出入りが一目でわかるので、事業活動をより正確に把握できます。