EPS(1株あたり利益)とPER(株価収益率)


EPS(1株あたり利益)

1株あたり利益(EPS)は、損益計算書の当期純利益を発行済み株式数で割ったもので、1株あたりの利益を表します。

▼計算方法
当期純利益÷発行済み株式数=1株あたり利益(EPS)

EPSは、その企業の過去のEPSと比較したり、数字の推移を見る事により企業の成長力を見ることができます。

この数字が毎年増加傾向にあるという事は、その企業の利益は毎年増加している事になり、長期的に見た場合、株価の上昇が期待できます。

EPSは、株価収益率(PER)を計算する際のベースとなる数字です。

PER(株価収益率)

PER(株価収益率)とは、株価がEPS(1株あたり利益)の何倍になっているかを表すもので、その企業の利益に対して株価が高いか低いかを判断します。PERが低いほど株価が割安で、高いほど割高と考えられます。

▼計算方法
株価÷EPS(1株利益)=株価収益率(PER)

PERは業種により平均値がかなり異なるので、その業種の平均値や、同業他社のPERと比べることで、株価が割安か割高を判断します。しかし、『PERが低い=割安だから買い』かと言うと、そうでもありません。

PERが高い企業は投資家から人気があり、成長を期待されているために、会社の利益に対して株価が高くなっている事が多く、この場合は株価が割高でも買手がつきやすい状態と言えます。

逆にPERが低い企業は、業績が良い状態で、投資家からの注目度が低いために割安になっている場合は良いのですが、業績や将来性など、なんらかの不安要素がある場合も多いので注意が必要です。

PERの数値だけで購入の判断をするのではなく、必ずその企業の業績、財務状況や、他の指標と組み合わせて総合的に判断するようにしましょう。

PER(株価収益率)

PERの水準

PERの水準は業種によって変わります。業績の浮き沈みの激しい商社株などは常に低PERですが業績が一気に下に振れるリスクに備えておく必要があります。業種間のPER水準は常に調べておきましょう。

業種別PER
引用元:JPX日本取引所ホームページより

総合13.8
水産・農林業14.8
鉱業85.6
建設業9.9
食料品17.4
繊維製品14.4
パルプ・紙20.2
化学15.4
医薬品28.2
石油・石炭製品5.7
ゴム製品11.1
ガラス・土石製品12.8
鉄鋼9.5
非鉄金属10.1
金属製品15.4
機械15.4
電気機器18.4
輸送機器8.6
精密機器23.1
その他製品23.0
電気・ガス業10.7
陸運業16.8
海運業
空運業10.0
倉庫・運輸関連業15.7
情報・通信業13.9
卸売業9.8
小売業24.5
銀行業8.9
証券・商品先物取引業8.8
保険業10.8
その他金融業9.3
不動産業14.2
サービス業22.0

高PER銘柄の特徴

1. 高PERで株価が安い銘柄は、経営不振銘柄となります。業績も確認すると赤字が続いていることが多いです。このパターンの銘柄にはPERの分析は使えません。

2. 高PERで株価も高い銘柄は、創薬ベンチャー企業など将来の夢で買われているパターンになります。創薬ベンチャーは治験の後半に行くに従って費用が掛かるので赤字の幅が大きくなります。赤字が増大するほど株価か上昇するので、このパターンでは決算などの業績発表よりはIR説明会などでの治験の進捗報告などの方が重要となります。

3. 新しいビジネスを展開しているIPO銘柄。上場直後に急騰してしまった場合には、上場半年後の売却制限解除で大口の株主の売りが出たあとの押し目を待つ方が賢明です。

低PER銘柄の特徴

1. 流動性の低い銘柄。知名度がなく売買が成立がしないこともあります。換金性の劣るので通常は投資は避けるべきです。高配当なこともあるのでご自身のお住まいの地域の地元企業などでその企業について知識があれば長期保有もいいかと思います。

2. ビジネスモデルが古く将来展望がない企業。新規の投資は避けた方がいいかと思います。

3. 経営不安のある企業。東芝のように債務超過解消のために「物言う株主」からの投資を受け入れてしまったために、先行きが読めない企業。個人株主に不利な条件でM&Aされるなどのリスクがあるので投資する選択の中では優先順位を避けた方が無難です。

PERとPBRの組み合わせ

PERと組合せる指標としてはまずPBRがあります。

▼計算方法
株価÷BPS(1株あたり株主資本)=PBR(株価純資産倍率)

PBRの計算方法はとなりますが、
PBR÷PER=ROE(自己資本利益)となり、こちらは経営の効率性を示す指標となります。

これらの指標から導き出される高PER・高ROE銘柄、は投資家から期待されるグロース株でありビジネスモデルが有望です。
しかしながら高値掴みのリスクがあります。テクニカルと合わせて押し目を拾う売買戦略が有効かと思います。

まとめ

1. 業種間のPER水準は常に調べておく。
2. PBRとの組み合わせによるROEでグロース株を見つけることが可能