BPS(1株あたり株主資本)とPBR(株価純資産倍率)

1株株主資本(BPS)

BPS(1株あたり株主資本)は、貸借対照表の株主資本(資本の部の合計)を発行済み株式数で割ったもので、1株あたりの会社の資産を表します。

▼計算方法
株主資本÷発行済み株式数=1株株主資本(BPS)

BPSは実際の株の価値を表していて、現在の株価と比較することで、資産に対しての割安度を見ることができます。

また、企業が解散した場合に株主に還元される金額でもあるため、解散価値とも言われます。

BPSは、BPS(1株あたり株主資本)を計算する際のベースとなる数字です。

株価純資産倍率(PBR)

PBR(株価純資産倍率)とは、株価がBPS(1株あたり株主資本)の何倍になっているかを示すもので、その企業の純資産(株主資本)に対して株価が高いか低いかを判断します。

PBRが高いほど、現在その企業が所有する資産に対して、割高な株価になっているという事になり、この数字が1倍に近づくほど株価は割安であると判断されます。

▼計算方法
株価÷BPS(1株あたり株主資本)=PBR(株価純資産倍率)

PBRが1倍に近づくほどに、それ以上株価は下がりにくいと推測できるため、株価の底値を判断する際によく使われます。

しかし、現在の株式市場にはPBRが1倍を下回る企業も多数存在しており、PBRだけで判断すれば割安という見方もできますが、何らかの悪材料により株式が売られた可能性もあり、注意が必要です。

PBR(株価純資産倍率)

高PBR銘柄の特徴

1. 高PBRで株価が安い銘柄は、経営不振銘柄の可能性が高いです。
業績も確認すると赤字が続いていることが多いです。このパターンの銘柄には投資は避けた方が無難です。

2. 高PBRで株価も高い銘柄は、急成長銘柄で、業績も増収増益で最高益更新中であることが多いです。
このパターンの銘柄はしばらく上昇トレンドが続きますが、業績に陰りが見えたところで大天井をつけるので高値掴みにならないようにしたいです。

本業の効率を示す営業利益率(営業利益÷売上高)などを細目にチェックするなどして、天井を付ける前に利益を確定したところです。
尚、このパターンの銘柄が天井を付けたあとは長期の調整になる傾向にあるので、ナンピン買いには注意が必要です。

低PBR銘柄の特徴

1. 収益を生まない資産を抱えている企業。ビジネスモデルが古く収益が低迷しているパターンとなります。地方銀行が典型例ですが、業界再編で上場廃止のリスクもあります。

2. 在庫を抱えている企業。アパレルや住宅のパワービルダーは在庫の減損リスクが常にあるので気をつけなくてはなりません。

株価純資産倍率(PBR)の活用例

株価指数

個別銘柄のPBRが1倍を下回るのが常態化している企業は、何らかの悪材料が隠れている可能性があるのは既に述べ述べ増しましたが、

株価指数においては下げ止まりの目処になりやすいです。記憶に新しいところでは2016年6月のブレグジットと2018年12月のブラッククリスマスの時も日経平均株価はPBRを少し割り込んだところで止まりました。

今後も下値の目処になるので覚えておきましょう。反対にPBRが1.4倍を超えてくる時には警戒が必要となって来ます。

個別銘柄

個別銘柄のPBRが1倍割れを割安と考えて飛びつくのは危険です。

その企業の資産に減損がないかの調査が必要です。記憶に新しいところでは東芝は原子力子会社の減損により一気に債務超過で上場廃止の瀬戸際まで行きました。

業種全体が低PBRに甘んじている場合もあります。大転換期を迎えていると言われる自動車業界はトップのトヨタ以下PBRが1倍割れの銘柄が多いです。

自動車業界の先行きに懐疑的な投資家が多いのが理由かと思います。こういう場合は違う業種の研究をする方が賢明です。

まとめ

1. 株価指数のPBRが1倍割れは下値の目処となることが多い。
2. PBRの割安だけで個別銘柄は買いを入れない。