NISA(ニーサ)とは?


NISA(ニーサ)とは

NISAとは2014年の1月から始まった、株式投資などの売買益を一定額非課税にするお得な制度です。

NISA口座を開設して上場株式や投資信託を購入すると、
「毎年120万円まで※」の非課税投資枠が設定され、投資金額120万円分までの売買益や配当金が非課税となります。

2014年から2023年までの10年間、毎年新たに120万円の非課税枠が追加されます。
非課税期間はそれぞれ最大5年間。
途中で売ってしまった場合は非課税枠を使ったとみなされ、再利用をすることができないので注意が必要です。

また、非課税となる投資額は毎年120万円で、最大600万円までとなっています。

※2016年から上限変更。2015年までの非課税枠は100万円

制度対象者 20歳以上の日本国内居住者
非課税対象 株などの売買益
非課税投資枠 新規投資額で年間120万円が
上限(最大600万円)
非課税期間 NISA口座を開設した年から5年間
投資可能期間 平成26年から平成35年(10年間)

NISA利用時の注意点


●非課税投資枠の未使用枠は翌年以降に繰り越せない

非課税枠を使い切る必要はありませんが、未使用枠は翌年以降に繰り越せません。
例えば1年目に50万円だけ投資した場合でも、翌年170万円の非課税枠を使えるわけではなく、翌年も上限は120万円となります。


●特定口座・一般口座との損益通算ができない

NISAで投資した株式の売買益が例え100倍になったとしても、その利益に対しては非課税です。
その一方でこれらの売買損失はないものとされるため、
特定口座・一般口座で保有する他の上場株式の配当金や売買益との損益通算ができません。


●非課税枠は売却した時点で消滅

年間120万円の非課税枠は一度売却するとその分を二度は使えません。
仮に年間120万円分の株式を購入した場合、その年に使える枠は使い切ったことになります。
同年内にそのうち半分の60万円分を売却しても、60万円分の非課税枠は再利用できません。