株の投資スタイルとは


投資スタイルって何?

投資スタイルとは、株式投資をする上での自分の運用方針のことで、どのような基準で銘柄を選択し、どういう手法で運用していくかを考えます。

これは「預貯金の代わり程度に株式投資をしたい」という人と、「株式投資で大きな利益を生みたい」という人では重視するポイントが大きく異なります。

まず自分がどんな目的で投資するのかを決めて、目的に合った投資スタイルで運用しましょう。

長期保有と短期売買

投資方法を期間で分けると大きく分けて長期保有と短期売買の2つのスタイルに別れ、株を保有する期間や銘柄の選び方により、さらに細分化されます。

[長期保有]
数年〜数十年にわたって保有し続ける投資方法。
株を資産として保有し続け、大きく値上がりしたところで売却する方法。
配当金や株主優待を定期的に受けられるメリットもあります。
長期保有の場合は一度株を買ったら一定期間持ち続けるのが前提のため、
日々の細かい値動きを気にする必要がありません。

そのため株の売買に使う時間は少なくて済みますが、
現金が必要になったときに株価が買値より下がっていた場合、
損失を覚悟で売らなければばらないリスクがあります。

[短期売買]
数日〜数ヶ月、早ければ数分で株の売買を繰り返すことにより、
コツコツと利益を積み重ねる方法。
基本的に配当金や株主優待は狙わず、売却益のみを目的に行います。
株価の値動きに合わせて資金を効率的に回転させることができ、
短期間で利益が得られるのがメリットですが、
株の値動きをチェックして小刻みに注文を繰り返す必要があるため、
どうしても株の売買に要する時間が増えてしまいます。

株初心者が選ぶべき投資スタイルは?

短期間での売買はそれなりの知識と経験が必要で、
株初心者がはじめるにはリスクが大きい投資方法。
まずは将来的に成長しそうな割安感のある銘柄を選び、
中長期を前提に投資するのがおすすめです。