ポジショントレード

株を数週間から数ヶ月間の間で売買を繰り返す投資方法。しばらく株を持ち続けるので、売買のタイミングをじっくり考える事ができる。

一般的には、数銘柄に分散して銘柄を保有し、状況に応じて銘柄を入れ替えていく形を取ることが多い。

スイングトレードよりも株の保有期間が長く、大きな利益を狙いますが、逆に損失が大きくなることもある。1日中値動きを見ている必要が無いので、平日の昼間に仕事をしている人でもはじめやすい。

[メリット]

・売買のタイミングをじっくり考える事ができる。

・取引時間中でも、常に値動きをチェックする必要がない。

・取引回数が少ないので、売買手数料がかさまない。

[デメリット]

・取引終了後の値動き要因(倒産など)に対して対応が難しい。

・損失の幅が大きくなりがち。

管理人のポジショントレード活用法

ポジショントレードで負けないコツは、
安いときに買っておいてひたすら騰がるのを待つことです。
そして買う時は一度にまとめて買うのではなく小出しに買います。

私は1000株欲しいと思う銘柄が見つかったら、株価が下がるタイミングを狙って200株づつ5回に分けて買います。
そうしないとさらに下がったときに身動きが取れなくなるからです。

また、株価が予想に反して下がり続けて塩漬け状態になることも考え、
損切りしなくても耐えられるくらいの金額しか投資しません。
損切りは精神的に辛いものです。

株価は毎日変動するので含み損を抱えることもありますが、
多少含み損になったとしても騰がるまで辛抱強く待てるかどうかが大事だと思います。
高値掴みせず買うタイミングを間違わないように心掛けています。