チャートパターンの基本


チャートパターンとは、相場の転換・変動時によく見られるチャートの形状のことです。
チャートパターンの分析は、「ネックライン」と呼ばれる補助線を引いて行います。

三尊(さんぞん)
三尊(さんぞん)

3回高値をつけて、真ん中が一番高くなっている形。3回目の高値をつけた後にネックラインを株価が割り込むと売りシグナルとされる。



逆三尊(ぎゃくさんぞん)
逆三尊(ぎゃくさんぞん)

三尊の逆パターン。3回目の安値をつけた後に株価が上昇してネックラインを突破すると買いシグナルとされる。



ダブルトップ
ダブルトップ

天井圏において、株価が2回高値をつけた後、株価が下落してネックラインを割り込むと売りシグナルとされる。



ダブルボトム
ダブルボトム

底値圏において、株価が2回安値をつけた後、株価が上昇してネックラインを突破すると買いシグナルとされる。



三角持ち合い
三角持ち合い

上値・下値の差が徐々に狭くなってきて、上値のラインを突破すれば買いシグナル、下値のラインを割り込むと売りシグナル。

上記のパターンは代表的なもので、他にもチャートパターンは色々な種類があります。必ずパターン通りに動くとは限りませんが、覚えておくと予想を立てるときの助けになると思います。