株の税金について


キャピタルゲイン課税

株の売買益(キャピタル・ゲイン)は「申告分離課税」の対象となっており、
年間の譲渡益の合計に対し

20.315%(所得税および復興特別所得税15.315%・住民税5%)
の税率が適用されます。

税金の納税方法は、自分で確定申告するか、
証券会社の口座開設時に特定口座(源泉徴収あり)を選択すれば利益が出たときに自動的に税金分が引かれて、証券会社が納税してくれます。

配当金課税

株の配当金を得た場合に源泉徴収税率は、

20.315%(所得税および復興特別所得税15.315%・住民税5%)
です。

税金の納税方法は、源泉徴収が原則となり、配当金の受け取り時に税金分が差し引かれますので、確定申告の必要がありません。
ただし、確定申告を行い配当控除を受けることで有利になる場合があります。

譲渡損失の繰越控除

「譲渡損失の繰越控除」とは、株等の売買による損失は、その翌年以後3年間繰越すことができ、税金の控除が受けられるという制度です。

例えば、今年株で50万円損しても、損失として申告しておくことにより、翌年50万円利益が出たとしても、 税金を払う必要がなくるという事です。(3年間有効)

この制度を利用するには、自分で確定申告をする必要があります。

※特定口座(源泉徴収あり)を利用しいる場合でも、「譲渡損失の繰越控除」を利用するには確定申告が必要となります。